FC2ブログ

プロフィール

「すし研究所」 所長

Author:「すし研究所」 所長
銀座、青山のクオリティーを川口で。の理念で、すし店を営んでいます。

リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

生ビ-ル美味しさのわけ

PA0_0291.jpg

生ビ-ルは美味しいお店と不味いお店があるとお思いではないでしょうか。

ズバリ、管の洗浄と空気圧、グラスの洗浄です。

毎日閉店後にコックを分解してブラシで洗浄します。

そして管の中に特殊な器具で水を通して洗浄します。


当たり前といえばそうなんです。

しかし毎月定期洗浄に来ていただいているメ-カ-のスタッフのかたに言わせると、口酸っぱく指導してもなかなか実行してくれないお店も多いそうです。

ひどいお店になると、管の中にカビが生えてしまって真っ黒になっているお店もあるそうです。


あとはガス圧です。
炭酸の量を変化させるガス圧のダイヤルを毎日チェックして調整します。

結構、気温の変化で毎日変わっていきます。

生ビ-ルを美味しくするには毎日のコツコツとした仕事が大切です。

スポンサーサイト



テーマ : 美味しいもの - ジャンル : グルメ

<< コハダ | ホーム | さっぱり貝類良いですね。 >>


コメント

私はさらに閉店後、ヘッドも分解して水に漬けて置く事をお勧めします。
そこまでしてくれる方はなかなかいませんが・・・

ご指摘ありがとうございます。
市民球場の様な美味しい生ビ-ルをお出し出来るようコツコツと洗浄を続けます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP