FC2ブログ

プロフィール

「すし研究所」 所長

Author:「すし研究所」 所長
銀座、青山のクオリティーを川口で。の理念で、すし店を営んでいます。

リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

味覚にいいハミガキ粉

川口市(蕨)の寿司ダイニング 「すし研究所」ホ-ムペ-ジへ


巷には様々なハミガキ粉が市販されています。皆さんはどのようなハミガキ粉を使ってらっしゃいますか。

通常ぺ-スト状のハミガキ粉、洗剤などを作る時は乳化剤などを使って粘度を出していきます。また、洗剤などにも使われている界面活性剤が使われています。

よくヤ○ノ実入りだからとか、オレ○ジ入りだからとか安心と洗剤などではうたわれていますが、あれはあくまでも基材であって乳化させたり洗浄力を増したりするには、上記の薬品が使われることが多いです。

歯磨きした後って味覚がおかしくなりませんか?原因はわかりますよね。

私は界面活性剤無添加の石鹸歯磨きを使っています。歯磨きすると口内に刺激が無い為、逆に味覚が敏感になります。値段も通常の大きさで300円位なので決して高いものでは無いと思うのですが。

あとこれは裏技なんですが、薬局などで売っている無添加石鹸をハミガキ粉の代わりに使うと、多少牛の香りがしますが同様の効果が得られます。


川口市(蕨)の寿司ダイニング 「すし研究所」ホ-ムペ-ジへ

スポンサーサイト



<< 穴子七変化 | ホーム | 魚の旬 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP