FC2ブログ

プロフィール

「すし研究所」 所長

Author:「すし研究所」 所長
銀座、青山のクオリティーを川口で。の理念で、すし店を営んでいます。

リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

うなぎに続いて。

うなぎの稚魚が例年に無く獲れないようです。

連日ニュースになっていますね。




うなぎは生態が完全には解明されていなくて、稚魚からの完全養殖はまだまだ難しいようです。

10数年前位は、やりくりすれば料理屋のまかないでも食べれる位(台湾産ですが)の価格でした。

しかし今では中国産でもかなーりいい値段します。




魚の回遊ルートは気象や地震など色々な要素が加味されて変化していきます。

今年はたまたま接岸しなかっただけかもしれないので、単年では判断は出来ないと思います。




そして、我々すし屋にとっては、うなぎの兄弟?穴子が大変心配です。

最高の産地だった常磐(茨城、福島)物が原発の影響で休漁しています。

代わりに使っていた九州産が人気+不漁の為、こちらも普段の倍位の値段に跳ね上がっています。




ふんわりとした仕上がりの為には、活き締めの上等な穴子は不可欠です。

死んだ穴子では話になりません。

穴子が幻の魚にならないことを切に願います。


スポンサーサイト



<< 本マグロの勉強 | ホーム | 記念日の為の漁 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP