FC2ブログ

プロフィール

「すし研究所」 所長

Author:「すし研究所」 所長
銀座、青山のクオリティーを川口で。の理念で、すし店を営んでいます。

リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

サバの美味しい時期

川口市(蕨)の寿司ダイニング 「すし研究所」ホ-ムペ-ジへ


サバは一年中出回っていますが、脂が乗って美味しくなるのはまさにこの時期です。そろそろサンマが終盤を迎えますので丁度入れ替わりです。

一般的にサバにはマサバとゴマサバ、回転寿司などで使われているノルウェイサバなどがあります。

特徴は、とにかく脂っこいのが好きな方用のノルウェイさば、産卵の影響を受けにくく周年安価なゴマサバ、身質と脂の乗りのバランスが抜群なマサバとなります。

当店ではマサバのみを扱っていて、産地は主に神奈川県松輪産のものを使っています。型が揃っていて、扱いが良いのでとてもいい状態で流通しています。

とにかく大きくて丸々と太っているものを選びます。そしてやはりお腹に餌が入っていないものが良いです。松輪は釣り船の漁場でもあるので、寄せ餌のコマセを大量に食べてしまっている場合があるので注意します。

質の良いサバは天然マグロの中トロにも匹敵する味です。当店では日持ち重視でがっちり酢に漬けるのでは無く、酢は軽く通す位にして、ほとんど生に近い状態でお出ししています。

個人的には生簀で出荷を待つ関サバより、しっとりした美味しさの松輪のサバが美味しいと思います。

川口市(蕨)の寿司ダイニング 「すし研究所」ホ-ムペ-ジへ

スポンサーサイト



<< スズキ大漁につき無料でご奉仕 | ホーム | 当店のアンキモファンのみなさんへ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP