プロフィール

「すし研究所」 所長

Author:「すし研究所」 所長
銀座、青山のクオリティーを川口で。の理念で、すし店を営んでいます。

リンク

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤なまこの寿司

PA0_0688.jpg
赤なまこも生臭そうと思われるネタの筆頭です。

実際は。

ズバリ海のフルーツです。

見た目で苦手とおっしゃる場合はしょうがないのですが、美味しくない物を召し上がった事がきっかけでお嫌いになられたとすると非常にもったいない気がします。

冬の楽しみが一つ減ってしまいます。




写真の物は能登の赤なまこです。

当店のナマコは茶ぶりという製法で低温のお茶でじっくりボイルしてあるので、ゴリゴリで噛み切れない事もありません。
 
ですので寿司との相性も良いです。

関西では赤、関東では青といわれますが、歯ざわり、風味等断然に赤ナマコに軍配が上がります。

もちろん浜値も倍の値段が付きますが。






スポンサーサイト

テーマ : お寿司 - ジャンル : グルメ

<< いわしクジラのヅケ。 | ホーム | 金目鯛は尻尾を見る。 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。